チワワ魂

犬のこと、もっと知りたい通じたい!

Posted by tukumiha

Posted by tukumiha
  0 comments
  0 trackback

白血球減少と体重減少

年1回春に受けている血液検査。
今年は少し遅れて、先日受けてきました。
結果、白血球が三春は基準値ギリギリ
つくばが基準値以下に減少していることが分かりました。
他項目は問題なし。

つくばは、体重がさらに100g減。
普段は1.8~1.9㎏、それでもやせていましたが
今回1.7㎏、やせすぎです。

もともと痩せ気味のつくば。
もう少し体重を増やそうとしてフードを調整したり
ストレスが強めにかかったりするとすぐ下痢に傾く。
三春もつくばほどではありませんがそういう傾向があり
手作り食をトッピングしてみたり
プロバイオティクスの補助食品を利用したりしていました。
加えて最近の天気の変動。
つくばがいつもより過敏で、下痢を何度か繰り返していたので
体重減少はそのためかなと思っています。

う~ん、それにしても
なんでふたり一緒に白血球だけが低下しているのか。。。

「今まではどうでしたか?」

初診の獣医さんにそう質問され、基準値内でしたと答えましたが
基準値内のどの辺だったか、気にしたことなかったな~。
そう思って、帰ってから今までの経過を比べてみました。

そして分かったこと。
白血球低下は、ふたりとも4歳(2012)の血液検査でガクンと低下。
それでも基準値内だったので、大して気にしていませんでした。
その後三春は横ばい、つくばは2013、今回と、ちょっとずつ低下しています。

3歳から4歳の間に変えたこと。。。
まず、フードを変えました。
それまであげていたものよりも評判の良いモノに。
もうひとつ、本格的にトレーニングを始めたのもその時期です。
私ひとりで連れ出す機会も多くなりました。

ふたりとも減少している。
いつも通り元気で食欲モリモリです。

食べ物やストレスによるものだとしたら
どういう機序で白血球が減少するのか。。。

白血球は、顆粒球・リンパ球・単球で成り立っていて
それぞれが免疫機能の役割をもっています。
その割合は、自律神経に関係していて
交感神経優位のときは顆粒球の数と働きが増し
副交感神経優位のときはリンパ球の数と働きが増すと言われています。

顆粒球は2~3日の寿命を終えると活性酸素を放って
さまざまな病気のもととなるので
顆粒球が増えすぎないようにするためにも
自律神経のバランスをとることはとても大切なこと。

自律神経のバランス。
今回のことに関して、大きなキーワードだと思っています。
つくばと三春には、過度なストレスをかけないよう
飼い主として心がけないといけないな~と改めて思いました。

それにしても、白血球数自体が急に減るってどういうことなんだろう。
まだグルグル考えています(汗)
今度は、分画検査もしてもらおう。

検査後から、手作り食に移行しています。
今回検査したら始めてみようと思っていました。
お腹の調子を整えながら、それぞれに合わせたごはんで
体重がもう少し増やせればいいなと思ったので。

今までのフードから離れてみて白血球数がどうなるか。
獣医さんには、以前の検査結果を持って再診予定になっています。

病気ではないことを祈って、でも注意しながら
経過を見ていこうと思っています



にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tukumiha.blog.fc2.com/tb.php/323-07adfb97
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。