チワワ魂

犬のこと、もっと知りたい通じたい!

Posted by tukumiha

Posted by tukumiha
  0 comments
  0 trackback

脊髄損傷が疑われるとき

もしも、愛犬が事故などで体を強打し
ショック状態(意識もうろう、浅い呼吸、起立不能、口腔粘膜の蒼白など)や
意識ははっきりしているが動けない・尿便が垂れ流し状態など
脊髄損傷も疑われる状態になったら。。。

毛布などにくるんでできるだけ動かさないようにし
すぐに獣医さんへ連れて行って下さい。


             なぜ?

受傷後8時間以内に開始されるステロイド大量投与は
運動・知覚機能を改善させます。
でも、ステロイドによる副作用や有効性に疑問視する意見もあり
一般化はしていないとの記載もあります。

               ↑
脊髄内での出血と浮腫による神経圧迫のため、
時間が経つと損傷も大きくなります。
そのため、早いうちに浮腫に対してステロイド投与を行うのです。

24時間以内の手術は,神経学的転帰がより良好なことがあり
より早期の運動療法およびリハビリテーションが可能になる。

適切な治療は早ければ早いほど回復の可能性が高くなります。


そして、できれば整形外科や神経外科を得意とする病院へ
連れて行って下さい。


脊髄の手術は大変な手術です。
そして、事前の検査、結果の見極め、早急な判断が必要。
専門の経験値の高い先生なら安心してお任せできます。

昨日ブログのわんちゃんですが
骨盤骨折・脊髄損傷の可能性があったにもかかわらず
町のかかりつけ医では排尿は痛いから怒るが支えてさせるようにとの指示。
専門病院では導尿の処置です。

また、かかりつけ医へ入院して4日めで
「脊髄が損傷しているかどうかはMRを撮ってみないとわからない。
撮るなら紹介状を書きますよ」との流れに。

私は、飼い主さんからしか話を伺っていないので
あまりいろいろ言いたくはないですが
そういうこともあるんです。。。


本やインターネットで調べた内容と、ひとつの“聞いた話”です。
メモ書き程度に、心のどこかに引っかけておいて頂けたら嬉しいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tukumiha.blog.fc2.com/tb.php/68-1dda7d38
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。